人気の不動産投資。始める前に知っておきたいリスクと対策!

>

不動産投資を始める前に知っておきたいこと

この記事をシェアする

金利にはどのような種類がある?

住宅ローンを組む際には、金利を選択する必要があります。
金利には、「全期間固定型」「変動型」「固定期間選択型」という3種類があり、どれを選択するかによって、将来の運用プランにも影響が出てきます。

「全期間固定型」は、ローンの完済まで、始めに設定された金利と返済額が固定されるというものです。
借入時の金利は一番高く設定されています。

「変動型」は、その時の経済状態によって半年ごとに金利を設定しなおす仕組み。
借入時の金利は一番低く設定されています。

「固定期間選択型」も変動型の一種ですが、初めに固定金利期間を定め、その期間がやってくるたびに、その後を同じ固定期間選択型にするか、変動型に切り替えるかを選択できるというものです。
借入時の金利は、全期間固定型と変動型の中間の水準に設定されています。

経済情勢を把握して、正しい金利選択を

3つの金利の種類には、それぞれメリットもデメリットもあります。

まず、全期間固定型は、当初は金利が一番高く設定されていますが、世の中の経済状態には全く影響を受けないため、その後金利が上昇した際は有利となります。
また、返済期間も返済額も明確にわかるため、マネープランやライフプランも設計しやすいところがメリットです。

変動型は、借入時の金利が一番低く設定されていますが、その後急激な金利の上昇などがあった場合には、返済額が利息分にしかならないという可能性もあります。

そして、固定期間選択型は、固定期間が到来する度にそれ以降の金利タイプを選択でき、固定期間も3年、5年、10年から選択可能です。
基本は変動金利なので、金利の急激な上昇によるリスクが考えられます。

ローンを組む際には、借入時の世の中の動向や経済状態を把握し、慎重に選ぶようにしましょう。