人気の不動産投資。始める前に知っておきたいリスクと対策!

>

万一の災害時には?被害が少ない物件選びが重要

この記事をシェアする

地震の被害が最小限となる物件を選ぼう

地震大国の日本。
地震による被害のリスクは考えておかなければならないリスクの一つです。
自然災害により建物が全壊したとしても、ローンは払い続けなければならないというのが現実です。
物件購入の際には、地震の被害が少ない物件や立地を選ぶことが重要となります。

まず、中古の物件を購入する際には、1981年以降に建てられた物件を選びましょう。
1981年以降に建てられたものは、新耐震基準を満たした物件です。
新耐震基準では、震度5程度ではほとんど損壊せず、震度6や震度7であっても倒壊しないことが求められています。

また、地域によっても、もともとの地盤の特徴などによって、地震の被害を受けやすいところとそうでないところがあります。
ハザードマップなどを確認し、地盤のしっかりとした地域の物件を選ぶようにしましょう。

火災への備えも忘れずに

一般の住宅でも、火災保険に加入している家庭は多いと思います。
不動産投資の際の物件でも、火災保険には必ず加入しておきましょう。
そして、物件選びの際にも、火災によるリスクを想定して選定することが重要です。

まず、緊急車両が入れないような道幅が狭い場所は選ばないこと。
次に、万が一の時の延焼を避けるため、木造の建物が多いエリアは避けること。
そして、鉄筋コンクリート造の物件を選ぶこと。

どの条件でも、自身の物件が火災に遭った場合だけでなく、近隣の住宅から火が出た場合の延焼までを想定しています。
こちらも、ハザードマップなどを確認し、場所を選定しましょう。

複数の物件を所有する場合には、災害時のリスクを分散するため、異なるエリアを選ぶことも対策となります。